aerys

Amp ベースの PHP 用ノンブロッキング HTTP アプリケーション、WebSocket、ファイルサーバです。

  1. aerys
  2. Documentation
  3. Promise::onResolve(callable(ClientException|null, string))
  4. boot(Server,\PsrLoggeantLoggerInterface):ミドルウェア|callable|null
  5. AerysClientは、パブリックプロパティを通じてクライアントのリクエストの全データを公開する値クラスです。これは、HttpDriverと同様にInternalRequestを介してのみアクセス可能です。
  6. __construct(string $config)
  7. getMetadata():約束 <array<"filename" ==""> 文字列、"mime"=&gt;文字列&gt;&gt; </array<"filename">
  8. router(array $options=[]):ルータ
  9. use(ミドルウェア | ブータブル | callable(Request,Response)| モニター | HttpDriver)
  10. setup(array $parseEmitters,callable $responseWriter)
  11. Aerysは、クラスとインターフェース、そして関数のセットを提供します。
  12. $client†
  13. AerysはSTDOUTに使用できるロガーが含まれています。本番モードでは、Aerysは複数のワーカーを使用するため、すべてのログデータはマスタープロセスに送られ、そこでSTDOUTにログされます。
  14. do(InternalRequest): \Generator|null
  15. monitor(): array
  16. $debug
  17. get(string $name):string|null
  18. getMethod(): string
  19. setStatus(int $code)。レスポンス
  20. use(callable|Middleware|Bootable|Monitor): self
  21. attach(ServerObserver)
  22. update(Server): Promise
  23. send(string $data,int $clientId):約束
  24. onStart(Websocket\Endpoint)
  25. Encryption
  26. Streaming Responses
  27. Responses
  28. Installation
  29. Blocking I/O
  30. Usage
  31. Middleware::do
  32. Aerysは強力なレスポンダの呼び出し可能な機構を持ち,プロミスに基づくルーティングとノンブロッキングI/Oでミドルウェアと結合しています.その先にあるもの ...
  33. Common Options
  34. Bottlenecks
  35. General
  36. onHandshake($req,$res)は、通常のリクエストハンドラのように、 リクエストが成功するかどうかを判断するための時間です。(例:セッションクッキーやパスワードの検証など...)
  37. ウェブソケットは、クライアントとサーバー間のリアルタイムの全二重(双方向)接続です。
  38. 各接続は一意のクライアント ID で識別され、この ID は onOpen()、onData()、onClose()に渡される。
  39. WebsocketEndpoint インターフェースは、2 つの重要な関数 send()と close()を公開します。これは、サーバー起動時に Websocket インターフェースの onStart ハンドラ内で渡されます。