flutter

Flutterは、モバイルやそれ以外の用途の美しいアプリを簡単かつ迅速に構築します。

  1. Documentation
  2. Flutter SDKの依存バージョン
  3. このディレクトリには、Flutterチームがフレームワークの開発中に使用しているツールやリソースが含まれています。このディレクトリにあるツールはFlutterアプリケーションの開発には必要ないはずですが、もちろん、気になる人は気になるかもしれません。
  4. complex_layout
  5. 起動画面アセット
  6. Macrobenchmarks
  7. microbenchmarks
  8. platform_views_layout
  9. platform_views_layout_hybrid_composition
  10. Stocks
  11. 国際化ファイルの再生成
  12. Flutterのビルドインフラストラクチャ
  13. Cirrus Linux
  14. Flutter Conductor
  15. Flutter Conductor プロトコルバッファー
  16. Flutter DeviceLab
  17. More Documentation
  18. リリーステストでは禁止されています
  19. Flutterの統合テストスイートの自動化
  20. 埋め込み型Androidビューでのタッチイベントの統合テスト
  21. 延期されたコンポーネントの統合テストアプリ
  22. Flutter gallery
  23. Fortnightly
  24. Androidでのハイブリッド合成の統合テスト
  25. iOS Add2App ライフサイクルテスト
  26. iOSホストアプリ
  27. ios_platform_view_test
  28. Flutter UI の統合テスト
  29. Flutter Web統合テスト
  30. トークン・デフォルト・ジェネレータ
  31. Keycode Generator
  32. Files
  33. vitool
  34. Tracing tests
  35. Flutter Examples
  36. API サンプルコード
  37. FlutterViewを使用したFlutterの組み込み例
  38. Flutterのレイヤードアーキテクチャの例
  39. Flutterからプラットフォームサービスを呼び出す例
  40. Flutterからプラットフォームサービスを呼び出す例
  41. Flutterのフルスクリーン表示とPlatform Viewの切り替えの例
  42. Flutter
  43. このディレクトリのパッケージのルールは、Dart のコアパッケージ以外には依存しないことです。dart:ui に依存することも、どの package:にも依存することも、このディレクトリの外の何にも依存することはできません。
  44. Cupertinoパッケージのテスト
  45. Directory contents
  46. プライベートテストランナー
  47. このフォルダには、kProfileMode を true に設定して実行されるユニットテストが含まれます。これは、パフォーマンスやコードサイズの理由からデバッグコードを意図的に省略する場合など、このブール値によって保護されるユニットテストのコードに使用することができます。ユニットテストは VM 内で実行され、プリコンパイルされることはありません。
  48. このフォルダには、kReleaseMode を true に設定して実行されるユニットテストが含まれています。これは、パフォーマンスやコードサイズの理由からデバッグコードを意図的に省略する場合など、このブール値によって保護されるユニットテストのコードに使用することができます。ユニットテストは VM 内で実行され、プリコンパイルされることはありません。
  49. Flutter Frameworkのローカライズ
  50. マテリアルとクパチーノライブラリのローカライゼーション